運行に向けての記事一覧

2014年4月10日

SL銀河、いよいよ運転を開始します

いよいよ 4月12日(土)からSL銀河が運転を開始します。「SL銀河」の力強い走りを皆さまご期待ください。

2014年2月21日

「SL銀河」4月12日デビュー

「SL銀河」は4月12日(土)釜石線の花巻駅~釜石駅間でいよいよデビューします。東北の旅に新たな魅力をお届けする「SL銀河」にどうぞご期待下さい。

2014年2月 9日

SL銀河 試運転

2月9日、釜石線の花巻駅~釜石駅間でC58 239と客車(キハ141系)が組成したSL銀河として、初めての試運転を行いました。SL銀河は釜石線の急勾配を上るために、動力付き客車であるキハ141系と協調運転を行います。 前日からの見渡す限り白銀の風景に、黒光りするC58 239とグラデーションが施された客車(キハ141系)のブルーが映え、走行する姿に沿線の皆様からは「凄い迫力だ」との声が上がっていました。

2014年2月 5日

C58 239 釜石線試運転

2月5日、復元後、初めてC58 239が釜石に姿を見せました。沿線で気づいた人々がカメラを向ける姿も見られました。

2014年2月 5日

「C58 239」本線試運転

2月4日、東北本線の花巻空港駅~盛岡駅間で復元後、初めての本線試運転を行いました。

2014年2月 3日

SL銀河車両展示会

2月2日、盛岡駅でC58と客車(141系)をそろえた、SL銀河の車両展示会を行いました。煙を吐くSLを久しぶりに見て、往時を思い出される年配の方、おじいさんやお父さんから話を聞きながら初めてのSLに目を見開く子供たち。3世代にわたる約2,500名の方々が集まり、嬉しそうにご覧になるのを見て、運行開始への期待を強く感じました。

2014年2月 2日

「C58 239」構内試運転~盛岡駅構内~

1月31日、盛岡駅構内において、SL「C58 239」の構内試運転がおこなわれました。盛岡に来て初めて自力で走行しました。SLに気付いた周辺の方から、歓声が上がりました。

2014年1月30日

「C58 239」火入れ式 ~盛岡車両センターSL検修庫~

1月30日、盛岡市の盛岡車両センターSL検修庫にて「C58 239」の火入れ式が行われました。式典には岩手県、盛岡市、釜石線沿線自治体の皆様、ボイラーの復元にご尽力頂きました(株)サッパボイラ颯波社長に出席いただいたほか、旧盛岡SL等保存会齋藤徳美会長においでいただくなど約60名が列席しました。

2014年1月29日

釜石の「ものづくりの灯」が「C58 239」の魂に

「C58 239」の点火に使うため、1月29日に釜石駅前広場にある「ものづくりの灯」から採火しました。「ものづくりの灯」は、2007年に行われた近代製鉄発祥150周年記念事業の一環として灯り始めたもので、釜石の英華を偲ぶ灯りとして市民に親しまれ赤々と燃えておりましたが、東日本大震災の際、大津波により、消されてしまいました。それを乗り越え、2011年12月1日に9か月ぶりに復活し、再び灯り続けております。

乗っちゃ王国「SL銀河」情報
ページトップへ