客車の記事一覧

2014年3月 2日

「SL銀河」客車内公開

「SL銀河」の客車内の車内空間は、宮沢賢治が生きた大正から昭和の世界観を表現し、ガス灯風の照明やステンドグラスなど、緩やかな個室感と柔らかな光の中でゆっくりと非日常を満喫していただけます。また、「銀河鉄道の夜」の世界を体験できる小型プラネタリウムを搭載し、宮沢賢治にまつわる展示、沿線や東北ゆかりの品々の展示を人と自然が調和し共存して生きる歓びを感じられる空間となっています。

2014年1月27日

旅客車(キハ141系) 盛岡に到着

これまで、郡山の車両センターで改造工事を行ってきました旅客車(キハ141系)が、1月25日、盛岡に到着しました。世界的な工業デザイナーの奥山清行氏が手がけられた外観デザインは、夜空をイメージしたブルーをベースとし、そこに銀河鉄道の夜に登場する星座や動物をシンボル化し演出しています。

2013年11月 6日

SL銀河、客車のインテリアおよびエクステリアデザインです!

C58 239を復元し運行する列車「SL銀河」は、釜石線・花巻~釜石間を中心とした東北エリアで運行する予定です。牽引する旅客車については、釜石線沿線を舞台に描かれた宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を代表的なテーマとして列車全体をプロデュースしており、宮沢賢治の世界観や空気感、生きた時代を共有する事で東北の「文化・自然・風景」を感じていただける車内空間とする予定です。

2013年4月23日

【動画あり】SL銀河鉄道(仮称)の客車に生まれ変わる「キハ141系」

SL銀河鉄道(仮称)の客車は、「銀河鉄道」をコンセプトとし、同時に東北の「文化・自然・風景」を感じていただける車内空間としてプロディースされる予定です。今日は、SL銀河鉄道(仮称)の客車となる「キハ141系」をご紹介します。SL銀河鉄道(仮称)のデザインは、世界的な工業デザイナーでKEN OKUYAMA DESIGN 代表の奥山 清行氏がプロデュースします。どんな客車に生まれ変わるのか楽しみですね♪

2012年11月27日

【動画あり】キハ141系 回送

SL銀河鉄道(仮称)の客車は「銀河鉄道」をコンセプトとし、同時に東北の「文化・自然・風景」を感じていただける車内空間としてプロデュースされる予定です。客車は、動力付のキハ141系 (旧50系 客車改造車)を使用した指定席車及びオープンスペース車からなる4両編成(予定)で、釜石線では途中こう配区間...

乗っちゃ王国「SL銀河」情報
ページトップへ