いわて食材発信プロジェクト

いわて食材発信プロジェクト

生産者インタビュー

白金豚(プラチナポーク)のネーミングは、宮沢賢治「フランドン農学校の豚」冒頭の一節から。品種とエサ、育て方にこだわりました。LWBという三元交配のブランド豚は、すっきりしたヘルシーな味わいと、豊かな旨みを譲り受けています。飼料は地元産のコーンを積極使用。飲み水は奥羽山脈の湧水を、釜石鉱山から採取した鉱石を通過させた、ミネラルたっぷりの極上活性水という、まさに賢治ワールド。こまやかな繊維、クリーミーな脂身。その品質は専門家に高く評価され、新聞・雑誌などでランキング1位の栄誉に輝いています。
小売店には出回っていない業務用ミートです。一番おいしい状態で食べていただきたい、レストランで過ごす時間を大切にしていただきたいという思いで丹精込めて育てています。

いわての食材


もっと知る(銘柄豚【白金豚(プラチナポーク)】公式サイトへ移動します→)
買う(【楽天市場】白金豚:岩手発イーハトーブうまいもの専科へ移動します→)
いわての生産者一覧
いわて食材発信プロジェクト:::JR EAST Morioka. All Rights Reserved. PAGETOP JR東日本盛岡支社ホームページ
免責事項
  1. 本ホームページに掲載する、いわて食材発信プロジェクト以外の第三者のホームページ(以下「外部サイト」といいます)の内容は、それぞれ各者の責任で管理されるものであり、いわて食材発信プロジェクトの管理下にあるものではありません。
    外部サイトは、それぞれの外部サイトの掲げる使用条件に従ってご利用ください。いわて食材発信プロジェクトは外部サイトの内容について、また、それらをご利用になったことにより生じたいかなる損害及び利用者が第三者に与えた損害についても一切の責任を負いません。
  2. 本ホームページからリンクする外部サイトは、利用者の利便性を図るためのものであり、リンク先の内容などについていわて食材発信プロジェクトが保証するものではありません。
  3. 本ホームページは、予告なしで掲載している内容を変更・削除する場合があります。